高岳製作所といえば電力設備・機器を扱っている会社で知られているとは思いますが、株主優待がお得です!自社製品の優待割引券(希望小売価格から本体または交換カートリッジ50%割引)がもらえます。

株主優待の権利を受ける場合の理論とは

株主優待を目的として株の投資を行う場合には権利取りに関しての理論を知っておく必要があります。まず、株主優待においては権利確定日がありますが、確定日とは株主優待を受取る権利を得る日のことを指し、各企業はそれぞれにおいて締め日として確定日を設定し、その日の時点で株主として登録されている人に対して株主優待を送ることになります。その期日は企業によっても異なり、多くは年1回の定められた月末が該当することが多く、中には年2回を設けている場合もあります。注意をしなければならないのは、当日に株を買ったとしても権利を得ることができないということです。それは、株式の売買においては名義の書換えに3営業日は必要となるためであり、この場合には土日祝日を除く、平日が該当することになります。例えば3月31日が確定日であれば、その3営業日前までには株を買っておく必要が生じることになります。31日が日曜日の場合には29日の金曜日が該当し、3営業日前となる26日に株式を所有し、その日の取引を終了しておくことになります。この場合には26日が権利付最終日となり、この場合の理論とは31日を待たずに27日に売却をしても株主優待を貰うことができるということです。
投資の場合には株主優待と合わせて、最終日に株を買い、権利落ち日に株を売るという手法がありますが、この場合には効果的な結果を出すことが難しく、それは、まず、落ち日は、通常、配当金相当額に近い金額が値下がりをして相場が始まることが一般的になっており、つまり、株主優待で優待利回りを確保できても株価は下がることになり、配当利回りを得たとしても株価が下がることによりトータル的に大幅はパフォーマンスにつながることは無くなることになります。